2010年07月15日

フィアット・グループ本社と工場

R0010406.JPG
R0010403.JPG
R0010525.JPG
トリノ市内にある、フィアット・グループの本社オフィスです。
戦前に建てられたものを改修していまでも使っています。
本社正面奥の左側は広大な工場になっています。その一角にはアバルトの工場も有ります。

R0010411.JPG
正面玄関には、新型ジュリエッタが3台も飾られています。マルキオンネ氏の熱意が感じられます。
実際、彼が会長になってから社内の雰囲気はガラリと変わったようです。
具体的には、ネクタイの廃止(彼自身がスーツが嫌いなようです)。社内での敬語の使用の廃止。若い世代のマネージャの積極的な登用。無駄な会議の廃止。官僚的だった社内規定の廃止。無駄な書類の廃止…etc.
フィアットの若い社員にとって、働きやすい社内環境になったようです。
これらの社内刷新によって、新車の開発期間が従来の1/3になったのはフィアットにとっての最大の効果となりました。

本社と工場内は、一切写真撮影が禁止です。
ロビーの壁には、第2次大戦時、ムッソリーニ失脚後に進駐したナチスから本社工場を守るために犠牲となった200人あまりのフィアット社員を顕彰する大きな記念碑が掲げてありました。

Mitoとムルティプラ、クラシック・プントとイデアをつくる工場ラインも見学しました。工場内はクリーンで、アスベストの壁と強烈な電磁波を発する変電施設の隣で働かせる日産追浜工場とは雲泥の差がありました。働いている工員は、日産と違って派遣社員は1人もいません。皆正社員です。昼休みも1時間半あるという人間的な待遇は、日産と違い人間的なものを感じました。
しかも彼らも、夏休みは1カ月もあるのです。
日本の自動車産業の労働組合は何をやっているのでしょうか?
自動車労連に年間60,000円も組合費を払っていた自分が情けなくなります。
ラベル:FIAT 日産
posted by ジャンニ at 17:56| Comment(4) | TrackBack(0) | ヨーロッパ自動車事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

モナコ

DSCF7231.JPG


F1のコースをできるだけ走ってみたが、ヘアピン・カーブとアップダウンの連続で、こんなコースを高速で走ることが人間業ではないことがわかる。

DSCF7272.JPG
グッチ前の500。カジノの前はフェラーリがゴロゴロたむろしていた。

DSCF7269.JPG

R0010146.JPG
ラベル:FIAT
posted by ジャンニ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ自動車事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

イタリア〜っ! 予告編2

R0010875.JPG
フェラーリ・ミュージアム見学。

R0010925.JPG
パルジャミーノ・レッジャーノのチーズで有名なパニーニ氏のマセラティ・コレクション見学。

R0010986.JPG
マセラティ本社ショールーム訪問。


そして、そして…。
R0011025.JPG
モデナ初のレーシングカー・メーカーで有名な、100年を誇るスタンゲリーニ!!
情熱的に偉大なる小さなレーシングカー・メーカー、スタンゲリーニの歴史を語る、元メカニックのアルトゥーロ氏
今回のツアーの目玉と云ってよいでしょう。
これぞ、モデナの誇り、“Big Little Racing Cars”である“Stanguellini”については、帰国後に記事にします。お楽しみに。

明日は、ミラノに向かいます。


posted by ジャンニ at 06:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨーロッパ自動車事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

イタリア〜っ!! 予告編

R0010294.JPG
500ミーティングにて。
イタリアでも、キティーちゃんは大人気です。

R0010405.JPG
トリノはフィアット本社で工場見学。

R0010429.JPG
アバルト本社工場も見学。

R0010467.JPG
フィアット・グループのメガディーラー、モーターヴィレッジを訪問。

R0010512.JPG
フィアット資料館訪問。

DSCF7521.JPG
アバルトの故郷、コルソマルケ通りにあるアバルトディーラーを訪問。

R0010600.JPG
レジストロ・フィアットへ、ディーノ・スパイダーの登録に同行。

R0010666.JPG
ピニン・ファリーナ訪問。

R0010718.JPG
ベルトーネ訪問。

4日間でいろいろ観ました。
今日は、モデナに到着。明日からが楽しみです。

詳しくは、後日にでも。
posted by ジャンニ at 06:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨーロッパ自動車事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

VW、工業デザイン大手ジウジアーロを妾にw

VW、工業デザイン大手ジウジアーロ買収を発表

(2010年5月26日)
フォルクスワーゲン(VW)は25日、イタリアの工業デザイン会社イタルデザイン・ジウジアーロの株式90.1%を取得したと発表した。VW傘下のスポーツカーメーカー、ランボルギーニを通じて買収。残りの株式はジウジアーロ家が引き続き保有する。買収額は明らかにされていない。

イタルデザインは1968年、工業デザイナーのジョルジェット・ジウジアーロ氏がアルド・マントヴァーニ氏らと設立。自動車のデザインに定評があり、VWの初代「ゴルフ」や「パサート」、「シロッコ(Scirocco)」、アウディ「80」、フィアット「プント」、アルファロメオ「159」などのデザインを手掛けている。売上高は1億ユーロ(約110億円)を超え、従業員数は800人に上る。

VWのビンターコルン最高経営責任者(CEO)は「イタルデザインはVWグループの永久メンバーになった」と述べ、同社の2018年までの世界成長戦略で重要な役割を占めることになるとしている。

http://auto-affairs.com/news/1005/100526-1.html

ジウジアーロも経営が大変だったんだろうなぁ。昨今のイタリア・カロッツェリア業界の経営状況の惨状を見るにつけ、仕方なかったのかも。
ところで、これからVWの社内デザイン部門はどうするのか?
アルファロメオから引き抜かれた、ワルター・デ・シルバの立場は?

VW株主としては大いに気になるところだ。少しは儲けさせろってw
ラベル:VW
posted by ジャンニ at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ自動車事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

ニッサンの新型ですがぁ…?

NissanAprio_01.jpg


どこかで見たことあるような…。
そうです。ルノー・グループの“Dacia Logan”でございます。
2001年までGM車を製造していた、ロシアはLADA社Togliatti市の工場で生産されます。
既にメキシコではニッサン Open として販売されているのだそうで。

ラベル:日産 Renault Dacia
posted by ジャンニ at 12:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨーロッパ自動車事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

Concorso d'Eleganza Villa d'Este 2010 - The winners

MaseratiA6GCSConcorsodEleganzaVilladEste2010_01.jpg

先週の土日、伊豆から遠く離れたイタリアでは“Concorso d'Eleganza”が行われておりました。で、本年度の"Gold Cup" がこちら“Maserati A6CGS”1955 であります。カロッツェリア・フルアが製作したボディを身に纏っております。
エンジンは直6、2,111t。アメリカ人コレクターの所有でございます。

続きを読む
posted by ジャンニ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ自動車事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

フィアット ついに自動車部門切り離し

244597_9893_big_210410_thyky1.jpg
伊フィアット 、自動車部門と産業機械・商用車部門の分離計画を発表

 イタリアの自動車メーカー、フィアット(FIA.MI)は21日、自動車部門と産業機械・商用車部門を切り離すと発表した。

 マルキオンネ最高経営責任者(CEO)がこの日に発表した事業戦略によると、フィアットは傘下の農業・建設機械メーカーのケース・ニュー・ホーランド (CNH)、商用車メーカーのイベコ、およびパワートレイン・インダストリアル・アンド・マリーン部門を分社化し、ミラノ証券取引所に「フィアット・インダストリアル」として上場させる。

 同CEOによると、「新生フィアット」は自動車部門、部品部門、パワートレイン部門の一部により構成される。2014年の収益は640億ユーロ(860 億ドル)を見込み、提携先の米クライスラーによる貢献度が一層高まるとした。同年の営業利益は32億─38億ユーロを見込む。

 「フィアット・インダストリアル」の同年の収益は290億ユーロ、営業利益は32億─34億ユーロを見込む。

 マルキオンネCEOは事業再編のプロセスは年内に終えたいとした。再編の理由については、収益サイクルと必要な資本の規模が異なる自動車部門と商用車部門を1つの企業の下に置いておくこと自体、意味のあることではないと説明。「自動車部門は長らく商用車部門に依存してきた。これは不公平だ」と述べた。

 また2009年のクライスラーとの提携に続き、別の自動車メーカーとの提携を検討するかとの質問に対しては「現時点ではその必要はない。しかし将来的にそうしたことが起こらないとは限らない」と述べた。

 フィアットとクライスラーは、提携によるシナージー効果を、2014年までの累計で15億ユーロとすることを目指している。

 事業再編計画に併せてフィアットは、モンテゼモロ会長の退任を受け、創業家出身のジョン・エルカン氏が新会長に就任すると発表した。エルカン氏によると、同氏が自動車部門の会長を務め、マルキオンネ氏が「フィアット・インダストリアル」の会長を務める。

http://jp.ibtimes.com/article/biznews/100422/54248.html

自動車部門の切り離しによって、フィアットの株価は上昇していくだろう。
ただ、アイスランド火山噴火とギリシャ問題でユーロ株は下落傾向にあり…。
ラベル:FIAT
posted by ジャンニ at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ自動車事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

さようなら Carello さん The father of "headlights rally"

LanciaFulviaHFCarello.jpg

Adalberto Carello氏が亡くなった。享年92歳。自身の名を会社名として1876年に“CARELLO”を創立、キャレロのヘッドライトは特に60〜80年代にかけてフィアットやランチアのラリー・カーに使用されていた。その当時は市販車にキャレロのライトを装着するのがファッションとなっていた。トリノのキャレロは、フォードやオペル、GMなどに純正アクセサリー部品として供給され、1987年に“Magneti Marelli”に吸収される前には近代的な工場をロシアに建設している。

broc4567.jpg

posted by ジャンニ at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ自動車事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

【イタリア本国でも売れないアルファ】マルキオンネが怒るのも無理ないわなw

alfa_romeo_logos.gif

2010年度イタリア国内1月販売台数
FIAT…51994
FORD…21673
VW…14174
RENAULT…13680
PEUGEOT…11248
CITROEN…10935
OPEL…10766
LANCIA…8984
TOYOTA…8468
AUDI…6195
NISSAN…5678
ALFA ROMEO…5103
MERCEDES…4032
BMW…3737


Medie(所謂ミディアム・クラス)の車種別では…
BMW Serie 3…2159
Citroen C5…1043
Audi A4…1017
Fiat Croma…809
VW Passat…738
Alfa Romeo 159…645
以上、出典は“QUATTRORUOTE”誌より。

アルファの主力車種159は、3シリーズの約4分の1しか売れていない…。
こりゃダメだぁ…とマルキオンネが嘆くのも無理もない。
ランチアは、“Musa”や“Ypsilon”が国内では売れているし、“Delta”もBMWの“1シリーズ”より売れているので、アルファよりは幾分マシなわけです。
posted by ジャンニ at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ自動車事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

トヨタと違ってフィアットは誤魔化さないよw

247048.jpg

フィアットグループオートモービルズジャパンは18日、『パンダ』のABSコントロールユニットに不具合があるとして、国土交通省にリコール(改修・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2004年2月2日 - 2007年6月30日に製作された2552台。

ABSコントロールユニットの防水性が不適切なため、ユニット端子部に融雪剤を含んだ水分が侵入すると、端子間で短絡し、ABS機能が作動せず、火災に至るおそれがある。

全車両、ABSコントロールユニットを対策品と交換するとともに、ユニットに保護カバーを取り付ける。また、ユニットへの接続配線に防水処理がないものは、防水シートを巻き付ける。

不具合発生はなく、本国メーカーからの情報でわかった。事故は起きていない。

http://response.jp/article/2010/02/18/136588.html

トヨタのように、ユーザーに黙って改良してましたってことはありませんw
ラベル:トヨタ FIAT
posted by ジャンニ at 15:46| Comment(4) | TrackBack(0) | ヨーロッパ自動車事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

三菱自動車の利用方法

PSA(プジョー・シトロエン)グループは、どうやら三菱を利用して米国市場への再上陸を画策しているようだ。
関係幹部は、いますぐの上陸を米国の市場低迷から否定しているが、2〜3年後には…ということらしい。

三菱の吸収合併を目論むPSAの成果がこれ。“Citroen C3 Crosser”だ。
render_citroen_c3_crosser.jpg

MitsubishiASX_01.jpg

写真で見る限り、オリジナルの三菱RVRよりも押し出しがあり、このクルマの性格に合っているように思える。
三菱RVRは、今年のジュネーブ・ショーで発表。そのシトロエン版は来年になりそうだという。
ラベル:CITROEN 三菱
posted by ジャンニ at 09:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨーロッパ自動車事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

2009年度 ヨーロッパ車種別販売台数

ford_fiesta_3.jpg

1) Volkswagen Golf: 571,838 registrations; +23.9%

2) Ford Fiesta: 472,091 registrations; +44.0%

3) Peugeot 207: 367,160 registrations; -9.7%

4) Opel Corsa: 351,807 registrations, -2.5%

5) Fiat Punto: 323,536 registrations; +15.9%

6) Renault Clio: 312,925 registrations; -6.8%

7) Ford Focus: 309,134 registrations; -15.1%

8) Fiat Panda: 298,914 registrations; +33.8%

9) Volkswagen Polo: 282,780 registrations; +2.4%

10) Opel Astra: 275,638 registrations; -14.1%

fiat_panda_model_year_2010_01.jpg

予想通りのゴルフの1位。こんどのゴルフは、さすがの俺も脱帽する。いままでならデザインが田舎臭いものだったのでケチをつけることが出来たのだが、アルファ・ロメオをデザインした男の作品であり、素直にカッコイイと思えた。ただ自分が買うのか、と云えば、絶対あり得ないと断言します。元NAVIの偽フランス車党オオカワとは違いますよw

それよりも目立つのは、2位になったフォード・フィエスタの驚異的な伸び! 前年比+44%というのは素晴らしい。関係者には特別ボーナスが支給されたことだろう。昔のフォードとは違い、デザインも性能も一級品となった。

それと、8位のフィアット・パンダはどうよ。03年に登場して6年も経つのに根強く売れているな。これこそ、サブプライムローンによるEU各国の買い替え政策によって、ボロボロのパンダ乗っていた人たちが重い腰をあげて現行型を買ったのかもしれんなぁ。去年、パンダはベスト10に入っていなかったんだからなぁ。
ラベル:ford FIAT
posted by ジャンニ at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ自動車事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

英国で初回車検が不合格のナンバー1はルノー・メガーヌ!!

Renault-Megane-13110101148586781600x1060.jpg

イギリス運輸省が発表した、もっとも初回車検時の落第点が多かったクルマの一覧でルノー・メガーヌが不名誉なトップを飾った。

このデータは、運輸省の関連団体である車両運転手サービス・エージェンシー(VOSA)によって編集されたもので、28.1%ものメガーヌが2007年に行われた最初の車検で落第点だったことが明らかになった。

これに比べプジョー307は24.7%で、当時の車検をもっとも通りにくい車として同点2位だった。ボクスホールコルサは24.7%の落第点で同点2位、ルノー・セニックは23%の落第点で4番目にランクされた。

2007年の初車検でもっとも落第点が少なかった車はトヨタのカローラ(11.2%)、ホンダのジャズ(13.3%)、そしてホンダのシヴィック(14.1%)だった。

このデータはBBCによって情報の自由にもとづいて申請され、一覧にして1月13日の今朝公開された。
http://www.vosa.gov.uk/vosa/repository/MOT_Make_Model_Comp_2007.pdf

続きを読む
ラベル:Renault
posted by ジャンニ at 00:07| Comment(4) | TrackBack(0) | ヨーロッパ自動車事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

まだ売っていた…死んでほしいクルマ

英『Car』誌による、「まだ売ってたんだぁ、いいかげんにせいや」って記事から…。

この世には、こんなクルマ、まだ作っていたのってぇのがあったりします。そんなクルマの、悲しくも嬉しいお別れの話。

まずは、捨てないで! I can change!


01S2000.jpg
1) ホンダ S2000
99年4月から売ってます。
後輪駆動と気も狂わんばかりの統合失調症のVTECエンジンの組み合わせ。どこが嫌なのかって? その性能は、ウェットな路面なら直線でもスピンするほどですよ。

Golf.jpg
2)フォルクスワーゲン・ゴルフMk1
信じられないけど、初代ゴルフが1978年から南アフリカで製造が続けられている。泣けてきますよ。

Arnage.jpg
3)ベントレー・アルナージュ
1931年にロールス・ロイスに吸収合併(03年以降BMWに乗っ取られ、R.Rとの関係は無い)されてから始まった、ロールスの派生モデルでしかなかったベントレーの最後のモデルがいまだ製造され続けられていたことに驚く。新型のベントレー・ミュルサンヌには、新技術が投入されているが、このアルナージュのシートには郷愁が縫い付けられている。


すぐにでも死んでほしいやつ

SLR.jpg
4)メルセデスベンツSLRマクラーレン
ハイテク部品を多用しているからって、7000万円という価格は、誰も正当化させることはできない。
重すぎて、いらいらして、運転すれば誰もがあの世に簡単に逝けるクルマ。
posted by ジャンニ at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨーロッパ自動車事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

フランスとイタリアの自動車販売台数

フランス国内自動車登録台数1〜9月

1位 Renault Clio  100,777
2位 Peugeot 207  92,827
3位 Renault Twingo 73,141
4位 Peugeot 308 63,304
5位 Renault Megane 55,034
6位 Renault Scenic 53,021
7位 Citroen C3 52,991
8位 Citroen C4 Picasso 45,081
9位 Ford Fiesta 35,612
10位 Peugeot 206 35,451

雑誌 L'Automobile novembre より。
http://www.automobile-magazine.fr/
ほとんどが、フランス国産車であることに驚きます。日本同様に閉鎖的なんでしょうか? 唯一の外車がフォードなんですから、徹底したドイツ車嫌いがうかがえますなぁ。
10位のPeugeot 206は、米国のサブプライムショックによる自動車販売低迷対策としてプジョーが考えた妥協策。外観をチョコット変えて、ほぼ古い206のままで販売しています。ちなみにルノーも先代のClioを併売していたりします。

9月イタリア国内自動車登録台数

1位 Fiat Punto/G.Punto 18,706
2位 Fiat Panda 15,795
3位 Ford Fiesta 9,649
4位 Fiat 500 6,933
5位 VW Golf 6,323
6位 Peugeot 207 5,627
7位 Lancia Ypsilon 5,114
8位 Citroen C3 5,108
9位 Opel Corsa 4,831
10位 Ford Focus 4,495

雑誌 Quattroruote より
http://www.quattroruote.it/index.cfm
フランスと違って、イタリア国産車の国内シェアは30%台にすぎない。よって他国の自動車が多数ランキングしているのだ。
これは過去のフィアットの酷い品質と倒産の噂も影響していると思われる。
1位に旧型Puntoが混ざっているのは、206同様に旧型を継続生産しているのだ。これは世界不況の影響もあろうが、イタリア人の保守層が最終型を好むということもあるらしい。月5000台近くが売れているようだ。

フランス・イタリア両国に云えることは、日本では売れているガイシャがぜんぜん見当たらないこと。
特にBMW−Miniの姿が両国とも見当たらないのには大笑いですなぁw
posted by ジャンニ at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ自動車事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

欧州 Car of the Year で最多の受賞を誇るフィアット

1964年から始まった European Car of the Year。
審査の基準は、過去12ヶ月の間にヨーロッパの5ヶ国以上で発売され、年間5000台以上の販売が見込める自動車ということになっております。

今年の受賞車はVWポロとなりました。
【公式サイト】http://www.caroftheyear.org/

意外なことですが、VWの過去受賞車は今回のポロを入れてたったの2台にすぎません。

過去、受賞したクルマのほとんどは小型大衆車ですが、なかでもフィアットは1967年の初受賞から、過去最多の9回受賞しています。

auto_dell_anno_1967_fiat_124.jpg
1967 FIAT 124

続きを読む
ラベル:FIAT Alfa Romeo Lancia
posted by ジャンニ at 20:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨーロッパ自動車事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

飲酒運転はやめましょうw



シューマッハの運転は流石!
マセラティの内装はベトベトですねw
ラベル:MASERATI
posted by ジャンニ at 13:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨーロッパ自動車事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

ドイツで満足度の高い、意外な自動車メーカー

週刊エコノミストという雑誌に、興味深い記事が載っていた。ドイツ最大のドライバー組織ADAC(全ドイツ自動車クラブ)は、毎年ユーザーの満足度調査を行っている。去年11月に発表された調査結果では、4万3000人のドライバーが自分のクルマに満足しているかどうかについて回答している。
「あなたは今乗っているメーカーのクルマを再び買いますか?」という問いにたいし、5段階で評価する。
1=絶対に買う、5=絶対に買わないという評価で、数字が1に限りなく近いメーカーが満足度が高いということになる。


1位 スバル 1.26
2位 ポルシェ 1.29
3位 ダチア 1.30
4位 ホンダ 1.43
5位 アルファロメオ 1.45
6位 トヨタ 1.46
7位 マツダ 1.47
8位 ジャガー 1.49
9位 シュコダ 1.52
9位 アウディ 1.52
11位 スズキ 1.53
12位 ダイハツ 1.55
12位 サーブ 1.55
14位 三菱 1.57
15位 BMW 1.58
16位 ボルボ 1.61
17位 ヒュンダイ 1.65
18位 メルセデス・ベンツ 1.70
19位 クライスラー 1.75
20位 シトロエン 1.78
21位 フォード 1.82
22位 オペル 1.84
22位 VW 1.84
24位 日産 1.85
25位 KIA 1.86
26位 スマート 1.88
26位 セアト 1.88
28位 ランドローバー 1.94
29位 フィアット 1.96
30位 プジョー 2.07
31位 ルノー 2.30
32位 デーウー 2.33



3位に食い込んだルーマニアのダチアが目立ちますね。
ADACの月刊誌では、この現象を次のように分析している。
「このアンケート結果は、ルーマニアのクルマが優れているということを意味しているのではない。むしろ、ダチアのクルマを買う市民が、高い金を払って高級車を買うほどクルマに対して多くを期待しないということが原因だろう」
つまり、ダチアを買う人たちは日本で軽自動車やカローラを買う購買層とかぶるということだと思う。
ドイツ自動車工業連合会(VDA)によると、ダチアの主力車種であるロガンの新車登録台数は08年で前年比43.9%の増加している。
ダチアの人気の理由は「安い」ことだ。
ダチアのHPがそのことを象徴している。
そのHOMEには“THINK BIG, PAY LITTLE”とある。
http://www.dacia-logan.com/

ロガンの最も安いタイプは7300ユーロ(95万円)。サイド・エアバックは付いていないが、トヨタでも大衆クラスはオプションなので問題ないだろう。ただし、エアコンもオプションだが…。
3列シートのワゴン、ダチア・ロガンMCVは8500ユーロ(110万円)。欧州でもトップクラスの安さだ。
CGでも試乗レポートし、好意的な評価をしている。
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/i0000018534.html


ダチアのCMもマルクスやレーニンが「価格革命」を謳っていますよ。



posted by ジャンニ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ自動車事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

イタリアの高速道路に規律はないw

201299_5324_big_vigile-2_big1.jpg

世界初の高速道路はどこの国で生まれたのか?

独アウトバーンだと思っていたら、ヒトラーの相棒ムッソリーニが1925年にミラノ〜湖水地方を結んだ「太陽道路」(Autostrada del Sole)なんだそうだ。大戦前の1935年までに総延長500キロにもなる高速道路を完成させている。

イタリアの高速道路料金は日本の半額、しかも平均所得の低いナポリから南の路線は北部との所得格差を考えて大部分が無料です。
これって、いまだにマフィアに怯えて無料にせざるを得ないのかもしれませんなぁ。まっ、冗談ですがw
国営だったアルファが南部の失業対策のためにスッド製造のための工場を作ったのがもう40年近く前ですが、いまだにイタリア国内の南北格差問題は続いているようです。

さて、高速道路に「太陽道路」なんて名がつけられているように、陽気で情熱的なのがイタリア式。つい数年前まで、制限速度は130q/hを知っているドライバーなんかいない、と云われていたようですw

私の知り合いのイタリア人女性は、日本でスピード違反で捕まり、罰金を取られたことを、「信じられない。私、レディなのに…」と嘆いていました。イタリアでは、レディをスピード違反で取り締まるなんてありえなかったのです。ちなみに彼女も、イタリアの高速道路の制限速度を知りませんでした。
イタリアでは、一部にクロソイド曲線が導入されていないと思われる古い路線があり、直線からいきなりカーブ、というサーキットのようなシーンに面食らったりします。そこをイタリアのドライバーは、まさにサーキットのように攻めるのです。
ミラノ〜ジェノバ間の山岳路では、イタリア人運転手が、空港までの道筋、9人乗りのミニバンですごい激走を見せてくれました。本当のサーキットのように、道路の左端から路肩までフルに使って、限界のコーナーリングをするのです。「ひどい運転だ」と怒っている日本人客もいましたが、イタリア人はそういう運転を、手放しで喝采します。もちろんそこには、ドイツ人のような遵法精神はまったくありません。「イタリアには規律はない」と、イタリア人自身が言い切ります。
イタリア人のスピードに対する情熱は、一種の人生哲学な面があり、恋愛や美食同様、スピードは出すのが美徳、という価値観なのです。
(清水草一著『高速道路の謎』扶桑社新書より)

イタリア人のスピードにかける情熱はすさまじく、06年にはテレコムイタリアのリッカルド・ルッジエロ社長がポルシェ・カレラGTで311q/hで速度違反逮捕されているほどだ!
http://response.jp/issue/2006/0327/article80564_1.html

しかし、しかし…財政再建のため、イタリア政府が地方自治体への補助金をカット。財源に困った自治体は速度取締を強化し、収入増をはかることとなった。
オービスを増設。しかも5%超過でも違反とする厳しさ(日本では10%は許容範囲と云われている)。
おかげで、いまや速度制限の130q/hをぴったり遵守するドライバーが増えたようです。
posted by ジャンニ at 20:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨーロッパ自動車事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。