2010年07月13日

FIAT500 CLUB ITALIA Part2

R0010341.JPG
ミーティングで見かけた、気になるクルマをあれこれ…。

R0010252.JPG

R0010283.JPG

R0010288.JPG
ジャルディニエラ軍団参上!!

R0010287.JPG

R0010313.JPG

R0010298.JPG

R0010320.JPG

R0010311.JPG

R0010338.JPG
R0010335.JPG

R0010324.JPG
一番好感がもてたクルマ。タイアのホワイトリボンは、接着タイプが市販されているとのこと。

R0010315.JPG
R0010343.JPG
これは珍しい。フィアット500をベースにしたアウトビアンキのビアンキーナ・バン“AUTOBIANCHI BIANCHINA VAN”。
アウトビアンキの創業はフィアットと同じ1899年。イタリア最古のメーカーのひとつだ。もともとの社名はエドアルド・ビアンキ。戦後は経営が悪化し、1955年にフィアットとピレリーの援助を受けて社名をアウトビアンキに改名している。
日本ではA112アバルトやY10が有名だった。Y10を最後に、92年にはブランド名が消滅している。

R0010317.JPG
R0010329.JPG
R0010330.JPG
これも初めて見ました。モレッティ・595SSクーペ“MORETTI 595SS COUPE”
小さくて速いクルマが好きな俺としては、愛くるしいデザインがそそりますなぁ。
モレッティはチューナーとカロッツェリア兼ねたような小規模メーカー。フィアットのシャシーに独自のボディを架装、エンジンを強化したセミ・スポーツを少量生産していた。
このクーペはフィアット500をベースにエンジン排気量を590tまで拡大強化している。モレッティ各社はフィアットの保証を受けられるようになっていた。


驚くのは、見るだけならタダだということ。
ミーティングに登録するなら20ユーロとなるが、もらえるキットが凄い。
R0011542.JPG
500のイラストが描かれたエコバッグの中身は…
フィアット500特製サンシェード、ステッカー、ブルム製1/43フィアット500ジャルディニエラ50周年のミニカー、フィアット500Tシャツ、紙製ジャルディニエラ、チケット・ホルダー、ミーティング記念パンフレット、ユーロ換算機能つき電卓、ミネラルウォーター、キャンディー、ミニ・フリスビー…etc
とにかく20ユーロじゃ買えない500グッズがドッサリ!!
ボッタクリのようなイベントが多い、某国の関係者も見習って欲しいものだなぁw


会場には500Cも来てたよん♪
R0010334.JPG
ラベル:FIAT Moretti Autobianchi
posted by ジャンニ at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。