2010年06月01日

FIAT PUNT EVO IS BORN. BUT...

evo.jpg

“PUNT EVO”が日本でも発売となった。
“EVO”は“EVOLUTION”ということだが、日本仕様ではその進化部分はスタート&ストップシステムだけ…。
肝心のマルチエア・エンジンが搭載されないのだ。この革新的なエンジンが搭載されない“PUNT EVO”なんぞ意味が無い。
http://fiat500.seesaa.net/article/139052728.html

日本仕様のエンジンは直4SOHC.1,400t/77ps。これで、1,140sの車重なのだから鈍重なことが予想される。
http://www.fiat-auto.co.jp/showroom_puntoevo_price.html

ちなみに、我が家の500だが、
直4DOHC.1,400t/100ps、車重1,050s。ビンビン走りますよ。

“PUNT EVO”の価格は、標準仕様で205万円。
ライバルの“VW POLO”のTSI Comfortlineが213万円。でも、こちらは、1,200tターボで105ps。ミッションも7速DSG。しかも偽りのエコカー減税対象車ということで21万円の減税となる。
http://www.volkswagen.co.jp/cars/polo/main.html

圧倒的に“VW POLO”の勝ちでしょう。
やる気あるのか? フィアット・ジャパン!!
タグ:FIAT
posted by ジャンニ at 07:46| Comment(4) | TrackBack(0) | イタリア車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まあ一発目って奴でしょう。
現状グラプンのマイナーチェンジ版と言った感じじゃないですか?
おかげでグラプンの在庫が結構捌けているみたいですし。
(ムルと一緒です)
マルチエアはアルファで最初に入れたいんじゃ無いでしょうか?
マルチエア持ってきてプントじゃどうせそんなに売れないだろうし。
mitoはまだ先行予約段階ですから、多分フィアット系のマルチエアはその後じゃないでしょうか?

まあ、今回はアイドリングストップ搭載って事で引っ張るつもりじゃ無いのかな?
ブランド戦略上、500以外はまだアルファ優先なのかも…。
アバルトとの絡みもあるのかなぁ。

フィアットのマルチエア導入はは500系のツインエアが最初のような気がします。
Posted by むるきち at 2010年06月01日 11:12
考え直したのですが、もしかしてデュアルクラッチ搭載車の設定が無いのかもしれません。
500しか売れていないフィアット・ジャパンの惨状を見ると、過渡期の仕様でも出さざるを得ないということですかねぇ。
Posted by ジャンニto むるきち さん at 2010年06月01日 11:44
プント・エボ、フロントの“くちびる”がウルトラセブンに登場する『チブル星人』に見えて仕方がないのです(爆)

地元Dでも、今ある在庫で終了だと言っておりました・・・。前のほうが良いなぁ(笑)

>ちなみに、我が家の500だが、
直4DOHC.1,400t/100ps、車重1,050s。ビンビン走りますよ。

先日ふわわkmを記録しました(メーター読み)
ちょぃ下り&追い風参考記録ですが(汗爆)
Posted by Rosso@道楽者 at 2010年06月01日 21:42
たぶん、写真写りが悪いだけで、現車はイケると思うのですがぁ。

>先日ふわわkmを記録しました(メーター読み)
確か、公式最高速度185q/hだったようなw
Posted by ジャンニto Rosso@道楽者 さん at 2010年06月02日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151748033
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。