2010年05月13日

Ferrari 599 GTO: The fastest, most powerful road car that Ferrari has ever built



V12、5999 cc
Max power 671 bhp at 8250 rpm

このエンジンの咆哮を聴け!
まさに清水草一が書くところの「神が降臨した」とはこのことだと思う。
エコだ何だとウルサイ時代に、こんなクルマを創りだしたフェラーリ万歳!
タグ:FERRARI
posted by ジャンニ at 08:12| Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱりフェラーリの奏でる音は最高です。
最近は調律の上手な車もいくつかありますがエンジンそのもから搾り出す絶叫のような、そしてそのレーシーさにおいて、やはりフェラーリは別格だと思います。

その上、昔からのフェラーリ各車ととのつながりも音から感じられますし。
Posted by porco at 2010年05月13日 23:11
>やっぱりフェラーリの奏でる音は最高です。

同感です、あの世まで走りたい誘惑にかられる音ですね。
昔ならANSAが奏でるV12エンジンとの2重奏は芸術の域だったのでしょう。

21世紀の250GTO。それが599GTOなのでしょうね。
Posted by ジャンニto porco さん at 2010年05月13日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149735620
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。