2010年02月09日

【Collection Alfa Romeo】 恐怖PLASMA WIREの呪いw

昔々「NAVI」というクルマ文化雑誌があってな(今年の3月号で休刊)。
80年代に一世を風靡したヘタウマ(ヘタなんだけどウマイ)というイラストジャンルで元祖の故渡辺和博(通称ナベゾー。エンスーという言葉を発明した)氏が「エンスー養成講座」という連載を掲載していた。
92年6月号に掲載された「オイルと添加剤の謎」という回に、『コレクション』の内田仁さんがヒッピー風マッドサイエンティスト仕様として紹介されている。
当時コレクションは、何やら怪しいオイルや添加剤を売っている、不思議なアルファロメオの店として有名だった。

DSCF5265.JPG

シトロエンを買ったばかりの外車初心者だった俺は、戸越銀座のジャベルでDSとSMを見た後、田園調布の多摩川のそばでやっていた『コレクション』に向かった。
店には気違い博士の内田さんはいなかったが、お客さんで新聞漫画「ほのぼの君」で有名な佃公彦さん(2CVに乗られていた)がいて、いろいろお話を伺った。帰りにはチタン入りの添加剤を買っていった。もう18年も前の話である。
いつのまにか月日がたって、雑誌NAVIも読まなくなったし、「コレクション」のことも忘れていた。
それが去年、初めて多摩川の花火大会を見に行った帰り、堤防沿いを歩いていると何やら記憶のあるアルファの店があるではないか。
「コレクション」だっ!
とても、とても懐かしい響き…。目がウルウルしそうになった。

いつか行ってみたいと思っていたが、年は明けて今年、2代目ムルティプラの“むるきち”さんと知り合いになって何回か話しているうちに“PLASMA WIRE”の話になって、本人が装着しているという。
「何が理由で良くなるのかわからないんですが、外すと違うんで効果はあるんですよ」
そうか…あの図体のデカいムルティプラで、そこそこ走る理由がわかった。
“PLASMA WIRE”謎のワイヤーだ。
http://www.collection-alfaromeo.co.jp/main/topics/base.html
長さ25センチほどのワイヤーをバッテリー端子のマイナスとボディーアース側に繋ぐだけのもの。

DSCF5259.JPG

これで、イロイロ効果があるというのだから摩訶不思議。
かなり半信半疑だったが、費用が1万5千円かからないで済むというのだから、“むるきち”さんを信じて“コレクション”に電話注文したのが2週間ほど前。在庫切れだったので、やっと先週の土曜日に装着した。

DSCF4871.JPG

営業の佐々木さんと懐かし話しながら待つこと、たった10分。
逸る気持ちを抑えきれず、すぐに500を走らせる。
アバルトの師匠のところで行われる“FIAT600クラブ”の新年会へと向かった。

その道中でわかったことは…
・明らかに、トルクが増している。ノーマルモードで不満の無い走りができるようになった。
・市内での燃費が1割ほど向上している。
・デュアルロジックの1速から2速へのシフトアップがスムーズでハッキリとあった減速感が無くなった。
どうしてそうなるのかわからないが事実なんだからしょうがない。
“FIAT600クラブ”でそのことを話すと信じてもらえず、普段は相方を乗っけているのに、今回は1人で乗っているからと指摘され、一瞬フリーズ(相方は小柄でデブではありません。念のためw)。
終いには「ヒモ〜」と云われる始末…。クラブの新年会は楽しかったのですがねぇ。

昨日、仕切り直しでアバルト東京→リンドバーグ→川崎ラゾーナと、都内・川崎市街地を26qほどスポーツモードでAUTOで走ったら…
DSCF5263.JPG

街乗りの平均燃費が12.5q/L!!
普段は10.8q/Lだから、これは驚異的な数字。

ノーマルモードでもカッタルイところがなく走れるようになるから、スポーツモードだとアクセルを踏むんじゃなくて乗っけるような感覚でOK。
デュアロジックがスムーズになるのが良いね。

信じられないだろうが本当の話です。恐るべし“コレクション”。
ラベル:FIAT
posted by ジャンニ at 01:42| Comment(2) | TrackBack(0) | FIAT500日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
謎の電線。
正直この手のブツには否定的でいまだに疑ってかかっているのですが、それでも何らかの効果があるようで…。
大体が疑っている物でプラシーボ効果は出ないと思うんだけどなぁ。(笑)

それより謎の電線、自分が買ったときより値上げしているんですね。
見た目もなんか違う…。
バージョンアップしてるんでしょうか…。
でも原価は千円程度なんだろうなぁ。
Posted by むるきち at 2010年02月09日 06:17
なんだか、長さで若干の値差があるようです。

内田さんは、電磁波の研究で体を壊されて寝込んでいたため納期が遅れたようです。

まっ、イズレニシテモ1万5千円ですから安いのがイイですね。ハズレでも勉強代と思えばよいのですから。

俺の場合はアタリでしたがw
Posted by ジャンニto むるきち さん at 2010年02月09日 12:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。